浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

寺では聞けなかった人生の解答

岐阜県 岡部 健二(仮名)


 子供のころ、近所の本願寺末寺では、夏休みに2、3週間続けて、法話会が開かれていました。言葉に威厳があり、尊敬していた父の影響で、私も5歳から中2の夏まで聞きましたが、

「念仏さえ称えていれば、死んだら極楽なんて、おかしい」

と感じ、行かなくなりました。
 学問や芸術、仕事も、自分がやらずとも、だれかがやって、世の中は回っていく。自分がいなくても変わらない。次第に、人生は無駄で無益だ≠ニ思うようになっていきました。
 高校受験を控えたある日、父に、疑問をぶつけました。

「何のために勉強して、生きなきゃならないの」

 父は一言、

「おれも知らない。分かったら教えてくれよ」

と答えたのです。ショックでした。
 数日後、薄日のさす夕暮れの自室で、たまに使っていた頭痛薬を目にした時、

「これをのみ干せば死ねる」

と思い、衝動的に手に取りました。そして、40錠ほど残っていた薬を、10回ほどですべてのみ干したのです。次第に手足の感覚がなくなり、意識も朦朧としていきました。翌朝、目覚めた時には、畳をかきむしったあとがあり、右手の生爪がはがれ、胃の中のものを吐いていましたが、

「助かってしまったのか」

と、冷めた思いがよぎるだけでした。

 社会人となっても、投げやりな気持ちで毎日を過ごしていた私は、親鸞会の友人から親鸞聖人≠ニ聞いても、寺でのイメージが強く、いい加減な聞き方をしていました。しかし、彼の話す内容は、すべて因果の道理に則していて納得でき、いつしか聞かずにおれなくなったのです。
 今では、死ななくてよかったとハッキリ分かります。
 父は、高3の時、病死しました。

「人生の解答は、親鸞聖人の教えにあったよ、お父さん」

と伝えられなかったことだけが、無念でなりません。

                       

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。