浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

「葬式が月に2度あれば」

「人生が2度あれば」
そう歌ったのは、井上陽水でしたが、
「葬式が月に2度あれば」
そんなことを言う坊さんがあったとは。


 岐阜県といえば、古くから浄土真宗のさかんな土地柄。
 岐阜県に住む、高橋良枝さん(仮名)の家の近くにも、本願寺の 末寺があります。
 そこの住職が、先日の会合で、こうこぼしていました。

「うちの寺は、門徒が506軒あるけど、1ヶ月に2人は死んでくれんと 寺が食べていけん」

 1ヶ月に葬式が2度あれば、食べていけるのだが、とは、なんというこ とでしょう!
 門徒が死ぬのを待っている、とでもいうのでしょうか。

 高橋さんの頭に、親鸞聖人のお言葉がよぎりました。

「親鸞、閉眼せば、賀茂川に入れて魚に与うべし、と云々。
 これすなわちこの肉身を軽んじて、仏法の信心を本とすべきよしを表わ しましますゆえなり。
 これをもって思うに、いよいよ葬喪を一大事とすべきにあらず。
 最も停止すべし」(改邪鈔)


 葬式・法事など、肉体の後始末に力を入れるよりも、信心決定こそ、急 がねばなりませんよ。

「あわれあわれ、存命のうちに、
 みなみな信心決定あれかしと朝夕思いは んべり」(御文章)


 一日も片時も急いで、信心決定をとおっしゃった、蓮如上人のお言葉も 思い出されます。


 それにくらべて、月に2度、葬式がないと、生活していけん、とは。
 そんな中、親鸞会に出会って、本当の親鸞聖人の教えを聞ける身になっ たことを、高橋さんは、とても喜んでおられます。

  
next>>>真宗は廃れてなかった。廃れていたのは寺だった。

                       

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。