浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

「ご本尊を放り投げて行った住職」

「本山から、宅配で取り寄せたから、見てくれ」
 無断で上がり込んできた住職は、立ったままテーブルに箱を放り 投げて、言いました。中には、なんと、御名号本尊が!最も大切な ご本尊を、なんということするの!上野さんはあきれかえりました。

 富山市に住む上野マサ子さん(仮名)は、親鸞会の講演会にご縁が あり、


「他流には名号よりは絵像、絵像よりは木像というなり。
 当流には木像よりは絵像、絵像よりは名号というなり」


との蓮如上人のお言葉を聞いて、ぜひ自宅のお仏壇にも、御名号本尊 をご安置しなければ、と思いました。
 しかし、悩みがありました。

「寺には先祖代々お世話になっている。
 簡単には御本尊をかえられない」

 悩んだすえ、手次のお寺に行き、住職に頼んだのです。

 数日後、来客中にもかかわらず、無断で上がり込んできた住職が、

「京都の本山から宅配便で取り寄せたんや。見てくれ」

と言い、立ったまま箱をポーンとテーブルの上に放り投げて行ったの です。
 何だろうと開けてみると、なんと箱の中には、御名号本尊が!
「親鸞会では、講演会の会場に正御本尊をご安置するときは、白手袋で丁重にお取り扱いされる。
 えらい違いですね」
 実は、その場にいた客とは、親鸞会の講師であった。
 住職は、それと分かってか、すぐさま立ち去ったのでした。

 上野さん、
「やはり、親鸞聖人ご真筆の正御本尊をお願いします」
と、親鸞会から正御本尊(親鸞聖人直筆の御名号)をご下付していただくことを決心されたので す。
 正御本尊を安置され、
「お仏壇も私の心も、いっぺんに明るくなりました」
と、晴れ晴れと上野さんは言われました。 

  
next>>>葬式が月に2度あれば

                       

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。