浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

「法話が聞きたい でも聞けない」

「報恩講に、講師を呼んでください、お話が聞きたいんです」
と頼んでも、住職は、無視。しまいには、
「親鸞?どこが立派なんや。祭り上げられてるだけや」
信じがたい住職の言葉に、唖然としたのでした。



兵庫県尼崎市の平山さん(仮名)さんは、広島生まれの熱心な安芸門徒で、 朝晩のおつとめをしなければ食事もさせてもらえず、食卓の話題もいつも仏法、という家庭で育ちました。
 引っ越してきた尼崎で、有名な大寺院の門徒になったのですが、このお寺、催しものには熱心なのに、少しもご法話がありません。

 たまりかねて、10年ほど前、親睦旅行のおり、住職にお願いしま した。

「住職さん、今度の報恩講では、講師を呼んでくださらんか。お話が聞きたいんです」

 すると、
「そんなモン、呼んでも呼ばんでも一緒やがな」。
 あきれて、

「私は自分を、浄土真宗の家に生まれた幸せ者だと思っとる。
 親鸞聖人が、『一人居て喜ばは二人と思うべし』とおっしゃってくださっているのを喜んどります」。

「あんたな、そんなこと言う者は今どきおらんで。
 大体、親鸞のどこが立派や。祭り上げられているだけや

 住職の信じ難い言葉に、平山さんは唖然としたのでした。
 楽しいはずの旅行が、ムカムカした思いで終始し、帰宅してすぐ悲憤の思いをしたためた絶縁状を手渡したのでした。

 大手金属メーカーに勤続中だった五年前、用事で立ち寄った尼崎労働福祉会館で、掲示板に親鸞聖人のお名前を見かけました。足が 会場へ自然に向いたのが、親鸞会とのご縁だったのです。

「こんなに懇切丁寧に、仏法を聞かせていただいたことはありません。『正信偈』の説明は、どこへ行っても聞けませんよ。
 寺の者は布教せず、苦労もしていないので、とても聞いていられない話ばかり。定例法話の張り紙はあっても、閑散としているじゃないですか」

 今は、親鸞学徒となって、富山でのご法話にも参詣されるようになりました。  

                   
next>>>寺の道場から大転換 
           
                       

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。