浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

「話し合い法座で 結局わからずじまい」

「宗教は、みな同じじゃないのか」 などをテーマに、門徒どうしが話し合うだけで、住職はほとんど 沈黙という「話し合い法座」が、全国で行なわれています。でも、 結局、何が正しいのか、わからないままで、困ってます。


 島根県の高山さんは、強信な義父(故人)に 仏法を大切にするよう、言われ続けてきました。しかし、お寺では 法話を聞く機会もなく、親戚を縁にめぐりあった親鸞会の講師に来てもらって、毎月、親鸞聖人の教えを聞くようになりました。
 ところが、この町は、門徒総代が町長をつとめたようなところで、 親鸞会への反対も強く、講演会が数回開催されたころ、会場だった 公民館から「今後は、貸せません」と断られたのでした。
 そして、それまで法話会などなかった近隣十二か寺が、「今後は 持ち回りで、勉強会を開きます」と案内があったのです。

 さて、どんなお話なのか、と親戚といっしょに行ってみました。
 そこでは、本山が薦める「話し合い法座」が開かれていました。
 2時間の勉強会のうち、住職が話すのは、「宗教に学ぶ 私の人生」と題しての、最初の10分間だけ。
 あとは、小グループに分かれ、

「世間には数多くの宗教がありますが、目ざすところはみな同じで はないか」

などの課題について、門徒同士で話し合うだけで、親鸞聖人のお言 葉の説明などは全くありません。
 結局、門徒間の言いっ放しで、何が正しくて何が間違いか、うやむやのまま散会となったのでした。

 ご本山から出ているマニュアル(手引書)によると、
『話し合い法座』
「死後が気にかかるのですが、どうすればよいのでしょうか」
「神を拝むことは、よいことだと思いますが」
など、定められたテーマで参加者が意見交換する。
 住職や講師は、なるべくそばで聴聞し、求められたり必要であれば、短く発言する」
とあります。

 親鸞聖人や蓮如上人のお言葉が聞きたいのに、これでは・・・と 落胆した高山さんは、自宅に親鸞会の講師を招待して、勉強会が再開されました。

後生の一大事が説かれず、世間話しかない寺には、用事はありません。これからも、親鸞会館に参詣します」
と、高山さんは聞き求めるようになられたのでした。

                       
next>>>法話が聞きたい でも聞けない
                       

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。