浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

東京砂漠に弥陀の法水

 

 昭和30年代に東京で真実に出遇った稲田さん(仮名)は、初めて高森顕徹先生を東京に招待した一人です。関東の親鸞学徒がわずか10人だった時代から、首都の法輪はいかに拡大していったのか。稲田さんに、その思い出を聞いてみました。

──高森先生に会われる前から、仏法を聞き歩いておられたと聞きました。

 私は、真宗の盛んな熊本県で生まれ育ちました。

 祖母の時代には、手次の住職の弟が、弥陀の救いを喜び、竹薮にいおりを建てて、後生の一大事を説いていたそうです。妙好人も何人か伝えられている土地で、法事の前夜には、「御逮夜(おだや)」といわれる仏法讃嘆が、あちこちの家庭で勤められていました。

 母から、
「私たちは地獄を出る時に、水を飲んで、砂食べてでも、仏法聞くぞと心に誓って、人間界に生まれてきたんだよ」
と言い聞かされていたので、小学生のころから、母や大叔母に付いて、仏法讃嘆の輪に加わっていました。そこでは常に、後生の解決を果たさねばならないと語り合われていたのです。


──戦前には、末寺や在家でも、後生の一大事が話されていたのですね。本会のことは、どのように知られたのでしょうか。

 戦時中は仏法から遠ざかったものの、敗戦後、19歳で上京してから再び、
「聞法しなければ」
と思うようになったのです。

 東京の築地本願寺に毎月通いましたが、後生の一大事の話がありません。次第に、「ここでは駄目だ」と思うようになりました。
 ところが、そこで知り合った人から、
「池袋のS寺の住職は、ご示談が上手だから、一緒に行こうよ」
と誘われました。
 その寺でも、後生の問題は話されませんでしたが、そのうち、当時関東では数少ない親鸞会の会員だった中岡さんや山下さん(各仮名)と知り合ったのです。
 中でも、山下さんは、家に押しかけてきた創価学会員を、

「あんたらは、功徳がだんだん大きくなると言うが、阿弥陀さまが私に廻向してくだされた南無阿弥陀仏の大功徳に比べれば、針の先で突いたほどでもない。阿弥陀さまの功徳より優れた教えがありましょうか」

と言って撃退した強信な人でした。
 その山下さんが、

「ここの住職の話は、傷はないけど、味わいもない。あんた、角目を聞きなさいよ。富山におられる高森先生のお話を一緒に聞きに行きましょう」
と勧めてくれたのです。

 中岡さんにも、
「長綱はいていたら、駄目だよ。今晩死んだら、どうするの」
と言われましたが、富山は大変遠く感じ、なかなか参詣しようとしませんでした。

『顕正』に圧倒される

 中岡さんから、高森先生の著書『顕正』を貸してもらって初めて、
「ああ、この先生に間違いない」
と直感しました。
「生死の大問題は戯事ではない。人の顔色を窺って場面を糊塗すべきではない」
と、全ページからほとばしり出る真実信心のお叫びに圧倒されてしまったのです。巻末にあった本部の連絡先に電話して、すぐに親鸞学徒にならせていただきました。昭和37年のことです。

 間もなく、前田町の会館(富山県高岡市)で初めて、高森先生のご説法を聞かせていただきました。親鸞聖人のお言葉を出されて、まるで・宝石箱を引っ繰り返したような・お話に、私の心は初めから最後まで引き付けられっぱなしでした。それから、聞法するようになったのです。

──今後の抱負を。

 現在、私は親鸞聖人のみ教えを、ご縁ある人にお伝えしています。
・宝石箱を引っ繰り返したような・お話を、今度は私が、お届けさせていただいている。
 半身不随でも、弥陀の本願を聞かれて「人間に生まれてよかった」と喜ばれている親鸞学徒や、「独り暮らしで寂しかった人生が大転換した」と言われる方にもお会いしました。
 そのような人たちに接し、何と尊い活動をさせて頂いているのかと、感謝せずにおれません。

 この素晴らしい弥陀の法水を、多くの方にお届けしたいと思います。

 

要の抜けた本願寺の説教
 私は二十代のころ、東京の築地本願寺(西)に、月二、三回、二年間通っていました。
 当時、説教のある一階の総会所は、年寄りがちらほら。一方、詩人などが話していた二階の文化講座には、若い人が大勢集まっていました。
 一階では、若者は私だけだったので、隣のお婆さんから、
「若い身空で、こんな所に来るなんて、あんた、病気持ちか、夫婦仲が悪いんだろう」
と尋ねられました。
「そんなことありません。じゃあ、お婆ちゃんは何でここに来ているの」
と問い返すと、
「いやあ、家に嫁といるより、ここのほうが気楽でいいから」
と答えたのです。
 ほかにも、
「京都の本願寺で、五回もおかみそり(注)を受けたのよ」
と、おかみそりを極楽往きの切符のように思って自慢する人や、説教中に舟をこいだり、弁当を食べにきているような人もありました。
 桐渓順忍さんに、参詣者の一人が、
「機受の心相(救われた人の心のすがた)とは、どんなことですか」
と質問した時のことです。桐渓さんは、
「こんな大事な問題は、布教使の部屋に来て、一対一で聞くべきで、聴衆の前で質問してはなりません」
と言って、プイと控え室に戻ってしまったのです。
「何なの、あれ」
「答えられないだけじゃないの」
と思わず、隣の人と顔を見合わせたのでした。
「六首引き」のご和讃をはしょって、「三首引き」にしたり、『正信偈』の代わりに、短い『讃仏偈』を歌ったり。勤行さえまともにしないのです。
 浅草の東京本願寺(現・東京東本願寺)にも行きましたが、オーケストラの指揮者よろしく、小坊主がタクトを振りながら勤行したのでビックリしました。
 西でも、東でも、「後生の一大事」は、ついぞ一言も聞けませんでした。話すことといえば、
「嫁姑が仲良く暮らすには、我慢が大事」
とか、
「腹がたっても、口に出さないのが、家庭円満の秘訣」
など、家庭内での『どう生きる』のみだったので、仏法の「ぶ」の字もないなあと、思うばかりでした。

(注)おかみそり……浄土真宗で在家の男女が、その宗門に入る儀式。仏前に列座した信者の額上に、法主が剃刀を当てて剃髪の意とする。
(注)桐渓順忍−勧学寮頭(本願寺最高の学者)になるが「本願寺なぜ答えぬ」で論破されている。
 
next>>>>話し合い法座で 結局わからずじまい                        

親鸞会と寺院の構図 トップへ


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座
目次
東京砂漠に弥陀の法水
話し合い法座で 結局わからずじまい
法話が聞きたい でも聞けない
寺の道場から大転換
説教は、嫁姑や夫婦喧嘩の話ばかり
門徒総代までつとめたけれど
ご本尊を放り投げて行った住職
葬式が月に二度あれば
真宗は廃れていなかった
10福祉や合唱には熱心なんだけど
11神仏混交の寺と決別
12寺では聞けなかった人生の解答
13法華宗で30年、教えは何もなかった
14スパイのつもりが一転
15御名号を外せと住職は言った
16何も知らなかった40年
17残念な寺の状況
 
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。