浄土真宗寺院の未来を考える
サイトマップ | お問合せ 
親鸞聖人の教えを聞きたい人の行き着く場所
 

本当は本願寺も知っいる 御名号こそ真宗の正しい本尊

東本願寺が毎年春に開催する「蓮如上人御影道中」は、上人の御影とともに、京都の本願寺と、吉崎別院(福井県あわら市)とを歩いて往復する行事です。

「御影道中」は、今年で333回を数えます。
10人ほどの世話人(供奉人)が、御輿の御影とともに、240キロを1週間かけて福井へ向かう「ご下向」と、吉崎での御忌法要のあと、また歩いて本願寺へ戻る「ご上洛」に分かれています。

各地で出迎える門徒は、お立ち寄り所で法話を聞き、ともに、蓮如上人の北陸教化のご苦労を偲ぶことになっています。中村さん宅は、代々お立ち寄り所になっていました。

そのとき起きた、ある事件について、中村依子(仮名)さんの手記を紹介します。



御名号本尊に難癖

お立ち寄りの日付が決まり、せっかく集まる近隣の人々に、親鸞聖人の本当のみ教えを聞法してほしいと思い、私は親鸞会の講師を招待しました。到着予定の1時間前から、親戚らとともに『白骨の御文章』の説法を聞かせていただきました。

その余韻に浸っていた頃、御影が到着されました。大きなお仏壇の前に、御影の収められた赤い輿が安置され、長距離を歩いてきた世話人たちが、仏間で骨休みしていました。

ところがその中の、スキンヘッドの60代の同行が、突っ立ったまま、お仏壇をのぞき込むや、

「何や、この家は名号か。だれが書いた?」

と騒ぎ始めたのです。

居合わせた友人の白川さんが、

「親鸞聖人のご真筆ですよ」

と、きっぱり答えると、

「そしたら、お前らは親鸞会だろう」

と声を荒げてきました。
近所の人も多く集まっている場での暴言に、夫や嫁は困惑していました。

名号に替えてよかったのか?不安がる親戚

台所でお茶の用意をしていた私は、異様な雰囲気に気がつき、仏間へ行ってみました。すると、その男は、

「あんた、奥さんか。親鸞会は西本願寺に、土足で上がり込んでいったのを知っとるんか。手次はどこだ」

とさらに、ありもしない事実無根の中傷をしてきました。

私は憤然とし、

「この場でそんなことを言うのは、お断りします」

と言うと、ようやく騒ぎは収束しました。しかし、親戚らは、

「以前の木像は、どこへやった?名号に替えてよかったのか」

と動揺しています。家族の顔にも、不安の色が濃くなりました。

その後、一人の僧侶の説法が始まりました。
「煩悩はこのままで生きていくしかないんやなー、と思えば、さわりがさわりにならなくなる」
という、のんきな話でしたが、憤りと混乱で、私たち家族には、全く耳に入りませんでした。

次ページでは、東本願寺がその誤りを認めます。

1/2                  次のページへ

HOME


リンク
浄土真宗親鸞会
親鸞会 親子ネット
浄土真宗講座
仏教講座


 

目次
・1本願寺も知っている正しい御本尊
新着情報 | お問合せ
ご感想をお寄せください。お待ちしています。